ハイロック — それは、エアシャフトのモジュール化を実現したコアチャック。ウレタン樹脂成型のカプセルを空気圧で膨張させて巻取コアを固定する独創的な機構。そのため、エアカプセル同様に、軽量・精密回転・長寿命に加え、金属コア・プラスチックコアとの相性抜群で、クリーンルーム内での使用に最適です。
さらにハイロックは、多種多様な使用状況に応じた最適な組み合わせで利用することが可能で、精密高速回転に適したエアシャフト&コアチャックを低コストで簡単に素早く構築することができます。
チャッキングシステムの方法として大別して2つの利用方法があり、製造現場の品質改善にお応えします。

製品特長

■伝達トルク
項目 3in 6in H6in
コア内径(mm) φ76〜φ78 φ151〜φ155 φ151〜φ155
許容伝達トルク(N・m) 40 200 70


※標準使用空気圧0.5MPa時カプセル1個の値です。
※コア材質、紙管時の値です。

簡易型エアシャフト

S(ストレート)タイプ・F(フランジ)タイプ


簡単に巻取コアの着脱が可能

エアの出し入れで簡単に巻取コア着脱が可能となります。


一度取付軸に取付けると取外しが不要

コア着脱時に取付軸から取り外す必要がありません。


エア注入作業の手間を減らします

ハイロック同士をスパイラルチューブで接続可能なため 1箇所からエアを供給すると全てのハイロックにエアが供給されます。


大径コアも対応可能

エアシャフトに取り付けて大径用アダプターとしても利用が可能です。


メンテナンスが容易

メンテナンスが必要な際、ハイロックの付け替え作業だけで簡単に対応可能です。 また、長尺シャフトに比べ梱包作業等も容易なため、作業者の負担を軽減します。




■簡易型エアシャフト使用例

高トルク対応(ASV−ASA−AFV)

伝達トルクを大きくしたい場合は、中間にASA型を追加することにより対応可能となります。 さらに、コアのタワミ防止にもなります。



巻取軸取出し方向両端(VSA−ASV)

両端よりエアの出し入れが可能なタイプです。作業が制限されず、どちらからでも巻取軸の取り出しが行えます。



コア幅変更対応(SA−ASA−セパレート金具)

セパレート金具よりエアの出し入れを行うタイプです。
ハイロックは固定したままセパレート金具の位置調整のみで、様々なコア幅に対応可能です。



自動注入対応(SA−AFA)

エアを取付軸から自動供給を行い、AFAの接続配管を行います。