ハイロック — それは、エアシャフトのモジュール化を実現したコアチャック。ウレタン樹脂成型のカプセルを空気圧で膨張させてコアを固定する独創的な機構。そのため、エアカプセル同様に、軽量・精密回転・超寿命に加え、金属コア・プラスチックコアとの相性抜群で、クリーンルーム内での使用に最適です。
さらにハイロックは、多種多様な使用状況に応じた最適な組み合わせで利用することが可能で、精密高速回転に適したエアシャフト&コアチャックを低コストで簡単に素早く構築することができます。
チャッキングシステムの方法として大別して2つの利用方法があり、製造現場の品質改善にお応えします。

製品特長

シャフトレス対応型エアチャック

[ Lタイプ ]

●材質:S45C  ●表面処理:無電解ニッケル


■側面押付力が不要なため、コア固定機構の簡略化が可能
■コア側面を傷つけない構造
■省スペースで高い伝達トルクを可能にします


■伝達トルク
項目 3in 6in H6in
コア内径(mm) φ76〜φ78 φ151〜φ155 φ151〜φ155
許容伝達トルク(N・m) 40 200 70


※標準使用空気圧0.5MPa時カプセル1個の値です。
※コア材質、紙管時の値です。

シャフトレス対応型エアチャック

Lタイプ

側面押付力が不要なため、コア固定機構の簡略化が可能

側面押付力で巻取コアをチャッキングするのではなく、エアでチャックするため、 フレーム強度にこだわることがなく、巻取装置のコア固定機構の簡略化が可能になります。


コア側面を傷つけない構造

テーパーコーンによるチャッキング方法では、コア内面を痛め、紙粉等の粉塵を発生させる事がありますが、 カプセル方式ではこれらのトラブルを解決する事が可能となります。


省スペースで高い伝達トルクを可能にします

カプセル機構の採用により、メカニカルチャックに比べ省スペース対応が可能。また、カプセルで巻取コアを 固定するため、紙管だけでなくプラスチックコア等の各種コア材質に対しても高い伝達トルクを得る事が可能となります。